なるせゆうせいの逃亡不可能日記

脚本家なるせゆうせいの日々
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 「日本史×漫才」のヒストリーズジャパン 2016年もさらに進化して戻ってくる! | main |

そんなに明るい話題じゃないけども、書き留めたいから書くのです

ご存知の方もいると思いますが、私のおかんが、ただ今、ガンです。胸腺ガンってマイナーなガンらしいです。ステージ4 ゴールデンウィークにのっけから、んなこと書くのは賛否両論でしょうし、だからってけして落ち込んでるわけでもないですし、かと言って嬉しいわけじゃないですが、 まあ、なんて言いますか・・ 親もそういう歳になったなー! てかんじ。 うわー。きちゃったかー ってかんじ。 なんとなく親が病気になるとか死ぬとか考えないようにしがちだけど、くるよね、絶対的に。本当にもう。どこかのタイミングであるわけですよね お酒と女大好きで何にもできないヤジもさすがに動揺してます。動揺してお酒飲んでます。まあ、長年つれそった嫁さんがそうなっちゃ動揺するでしょうが、しっかりしろ親父。とにかく親父は何もできない。家事も料理も皆無。靴下すらはけずにおかんに履かせてたという亭主関白で誰もが親父のほうが先に死ぬであろう不摂生のアル中寸前ですが、それより先に、おかんがこんな調子です。人生ってのは皮肉なもんだ。 おかんは、抗がん剤投与したり、放射線治療続けてますが、あんまりよくなってなくて、まあ、緩和ケアにしますか?みたいなこと主治医に言われおります。 んでもって医者の言葉とか聞いても知らないこと多すぎるのはよろしくないので、最近、ガンのことあれこれ調べてます。職業病でしょうか、台本のネタにいつかなるかもしれないといういやらしい気持ちもありつつ、調べてます んでもってそこで初めて気づいたんですが、 「免疫療法」ってあるのね いわゆるガン細胞ってのは健康の人でも毎日作られるわけで、それを毎日体内の免疫細胞が退治してくれてるからガンにならないだけであって、ガンになるひとはその体内の免疫細胞が低下したからだと。だから免疫細胞をもっかい活性化させればいい、っていう、理論的には理にかなった療法。 んで、つい先日地元に戻って、主治医に病状聞いた際、聞いてみました 「免疫療法ってのはやらないですかね?」と。 主治医いわく、おかんのガンは特殊なガンらしいから免疫療法はきかないのだとか 私思いました ほんとにそうかな!? 元来、人をあんまり信じてない性分もあるし、セカンドオピニオンでそうじゃないって言われることもあるっての聞いたこともあるので、 目下、わたし、あがいてます。他の病院とかであれこれ聞いたりしてます やってみてよくなるかは知りませんが、やってみないよりはマシだろうし。 あがいてダメだったら、あきらめつくけど、動いてないのにあきらめるのがいやなので、あがきます。にしても高いな免疫療法 といいつつ、息子ひとりだけあがいてもしょうがないので、酒ばっか飲んでるおとんにも少し協力してもらわないと。飲むな、酒を。もう少し親父らしいとこみせろ。 はい、そんなかんじです。ひさしばの長文でした。 同じような状況を家族がなってたりする人が少しでもいたりしたら、少しでもその何か足しになったり、届いたりしたらいいなと思って。 とりあえずおかんの行く末はどうなるか、それは神のみぞしるですが、まだあがきます。
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

なるちん、ごぶさたです。お母さま、たいへんですね。どうぞおだいじになさってください。私の父も昨年、78歳にして膀胱がんと前立腺がんのかなり悪い状態が発覚しましたが、本人が手術を拒否。ですがホルモン療法と隔日の放射線治療で、奇跡的な回復を果たしました。そうそう、笑いヨガは理屈抜きにただ笑うことを毎日繰り返すだけでナチュラルキラー細胞が活性化するそうですよ。なるちんのポジティブシンキンが、絶対威力を発揮するはずです!陰ながら応援しています。
らぶ | 2016/05/01 9:36 PM
お久しぶりです
お気持ちお察しします。
私の身内にはガンになった人はいませんが、私の友達の親がガンになり友達4人で病院に御見舞に行ったところ、状況があまり良くないので合わせることが出来なくて……と言われ、よっぽど悪いんだね、と皆で話しながら帰ってきましたが、あれから20年先経ちますが、すっかりその方も元気になり、今やお酒も飲むし旅行も行くしと、あの時の病状からは想像つかないほど元気で過ごされています
だからなるせさんも、お母様の話を沢山聞いてあげたり出来るだけ顔を見せてあげたりして気持ちの上だけでも元気になれる様な努力をしてあげてくださいね!
長々と失礼いたしました。
花屋の祐ちゃん | 2016/05/02 12:13 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanaruse.jugem.jp/trackback/210
この記事に対するトラックバック